彼女にline(ライン)を「既読無視」「未読無視」される理由・・・

彼女にline(ライン)を送って既読・未読無視された経験ある男性は多いんじゃないでしょうか。

理由は喧嘩だったりと様々あると思います。

でも理由がわからなかったりする時もありますよね。

そこで調査してみました!!

「8割の男性が知らない!彼女にline(ライン)を「既読無視」「未読無視」される理由・・・」の続きを読む…

年上女性・・・素敵ですよね。

落ち着いた雰囲気、大人の色気、優しさ、

あなたが年上の場合だとドキドキしてしまう要素がたくさんありますね。

 

でも社内恋愛だと気まずい・・・どうやって距離を縮めればいいの??

諦めた方がいいのかな・・・と不安になってはいませんか??

そんなあなたでも大丈夫!社内恋愛の年上女性に送るline(ライン)術をお教えします!

「年上女性に片想い!社内恋愛でも大丈夫!女性が落ちるline(ライン)術」の続きを読む…

こんにちは。

 

こんなタイトルの記事を書きながら、

僕はline(ライン)のトップの一言を何も書いていません。笑

 

って言っても以前は書いていたけど、

書かなくても困る事はないし、

これと言って一言を書く理由もなくなったので、

やめました。笑

 

あなたはline(ライン)の一言、書いていますか?

 

実はline(ライン)のトップの一言を

書く事によるメリットとデメリットが存在します。

「モテる男のline(ライン)トップの一言【事例あり】」の続きを読む…

ページ: 1 2 3 4

ぶっちゃけ言ったら、

これっていう絶対的なline(ライン)の頻度なんて

ものは存在しない

 

だって相手もあなたも人間で、

性格はみんなそれぞれ違うし、

お互いの好感の度合いもその時その時によって変化しているから。

 

じゃあどうすればいいねん!

と思いますよね。

 

実は簡単に最適なline(ライン)の頻度を把握できるし、

その頻度でline(ライン)を送ることによって、

少なくとも、今よりは関係はよくなってくる、

と言えます

 

まず肝心な事を言いますが、

片思い、という事は、

好きなのはあなただけ、という事になります。

 

女性は基本的に自分が好意を持っている男性以外からの男性、

つまり好きでもない男性から好意を寄せられると、

逃げたり、ウザがったりします

 

だから、相手の女性に対しては、

必ず好意がバレないようにする。

 

つまり相手に対して片思い(好き)な態度を取らない、

片思い(好き)な素振りを見せない。

という事が言えます。

 

それでは簡単に流れを紹介したいと思います。

1. line(ライン)中に片思い(好き)な素振りを見せない(考え方)

2. line(ライン)の頻度は適度に(ポジション取り)

(相手より少なく遅く同じ数で最後はこちらから切り上げる)

3. line(ライン)の頻度を保ちつつ仲良くなる(友達の延長)

(line(ライン)の内容を工夫する、line(ライン)が全てではない)

4. 片思いを脱する為にデートに誘う(更なる関係へ)

(理由&メリット付きで)

1~4を繰り返す

 

 

では各1〜4までの詳細について説明していきます。

 

1.line(ライン)中に片思い(好き)な素振りを見せない(考え方)

上記でも説明しましたが、

片思いの場合は、まず好きな素振りは見せないように

します。

 

好きな素振りを見せない、という事は、

相手の女性に片思い(好き)な気持ちがバレないのが

条件という事になります。

 

line(ライン)をしていて片思いとバレなければそれでいい

 

つまりあなたが片思い(好き)な素振りを見せようが、

見せなかろうが、

片思い(好き)だと悟られなければいい、という事になります。

 

たとえ好きと言おうが、

好きと思われないニュアンス(冗談に聞こえるなど)なら、

それは好きにはならない、ということ。

 

 

意味がわかりにくいかもしれませんが、

要は、あなたが片思い(好き)な素振りを見せようが見せなかろうが、

あなたの気持ちを決めるのは、相手だ、

という事。

 

 

相手が

「この人私の事が好きだな」、

と思えば、

それはバレた事になるし、

 

相手が何も思わなければ、

それはバレていない、という事になる。

 

そんなん当たり前やろ!

 

と思うかもしれませんが、

自分ではなく“相手がどう思うかが全て”、

という事を理解していない人は想像以上に多いからです。

 

 

自分が大丈夫だと思っていても

相手が大丈夫と思っていなければ大丈夫じゃないし、

 

自分が嘘つきな男だ、と思っていても、

相手が正直な人、と思っていれば、

自分がどう思おうが、正直な人、

という事になります。

 

 

だから、基本は相手がどう思うか、

相手にどう思われたいのか、

相手にAと思われたいなら、

相手にAと思われるにはどうすればいいのか?

 

という事になります。

 

要はline(ライン)をしていて、

相手に好きだとバレなければいいだけです。

 

ただしここで少し難しいのが、

好きだとバレたらいけないけど、

 

「私の事嫌いなんだ」と思われてもいけないし、

「私に無関心だな」と思われてもいけない、

ということ。

 

 

一番理想の状態は、

相手から見て、

この人私の事好きなの?

好きそうにも見えるし、

そうじゃなさそうにも見える。

 

とこんな感じに思われるのが、

理想になります。

 

そう思われる為には、

相手に興味を示したり

質問をしたり、します。

 

 

相手に質問はするけど、

友達にする質問と特に変わらないし、

というような感じで質問をしてみれば、

 

相手からすれば、

私の事が好きで質問してきているのか、

ただの友達感覚で質問してきているのか、

どっちかがわからない、

という状態になる、というわけです。

 

 

この曖昧な状態がいいんです。

 

 

相手にあなたの事を考えさせる、

というのが理想です。

 

ポイント

片思いという気持ちを悟られて、

相手の警戒心のセンサーに触れてしまうと、

心を開かなくなり、

関係は途絶えてしまうので、

警戒されない為に、

そして心を開くキッカケを作るために、

片思い(好き)という気持ちをバレないようにする。

 

2.line(ライン)の頻度は適度に(ポジション取り)

line(ライン)の頻度はどれくらいにすればいいのかと言えば、

相手に合わせるのが一番いい、という事になります。

 

先程も言いましたが、

片思いの段階で、

相手の警戒心のセンサーに触れる事は、

終わりを意味します。

 

だから、ここでも、line(ライン)の頻度を上げ過ぎる事による、

相手の警戒心のセンサーに触れる、

という事を避けるように心がけます

 

更には、

女性は、

  • ・今までとはなんか違う男、その他多勢とは違う男
  • ・自分の意思や信念をしっかり持っている男
  • ・頼りがいのある男、引っ張っていってくれそうな男
  • ・自分より勝っている男

 

に対して魅力を感じるという傾向があるので、

その性質を利用する方がいいと言えます。

 

 

そこで、

手のline(ライン)の頻度を考えて、

その頻度よりも少なくする事を心がけてください。

 

 

一言にline(ライン)の頻度と言っても、

  • ・送信の回数
  • ・返信するまでの時間
  • ・既読にするまでの時間

などがあります。

 

これらの回数や時間を、

相手よりも送らせたり、

少なくするのがポイントになります。

 

 

更に付け足すと、

line(ライン)の文字数や行数もあります。

 

こちらに関しても、ポジション取りの段階では、

相手よりも、少なくするのを心がけてください。

 

 

そして、上記全てにあてはまる事ですが、

少なくする度合い、について、、、

少なくする度合いは、少しだけ少なく、

を意識してもらえればオッケーです。

 

ただし、そこまで意識して、

少し少なく、少し少なく、

これじゃ少なくしすぎかな?

これじゃ全然かな?

などと、意識しすぎないようにしてください。

 

ここで大事なのは、

ポジション取りです

 

 

ポジション取りと言う事は、

相手に気を使わずに、

自分のペースでなんでもすすめていく

という事になります。

 

 

だから、意識し過ぎて、

逆にポジション取りが出来ないと、

元も子もない

という事になりかねませんので、

そこは注意してください。

 

 

ここでのポイントは、

ポジション取りです。

 

 

相手に気を使ってしまう男性も多いし、

特に片思いや、気になる女性、

可愛いや綺麗な女性を目の前にすると、

気を使いがちですが、

それこそポジション取りの一番の敵であって、

その他多勢の男と同じポジションに位置してしまうことに

なります。

 

可愛い女性、綺麗な女性は、

色んな男性からチヤホヤされなれてるし、

気を使われています。

 

そんな中で、

あなたは、なにか他の人と違うな、

と思わせれれば、今後関係を深め易くなるし、

好意を受け易くなります。

 

 

その為には、ポジション取りは必須になってきます。

相手よりも上のポジションを取っていけるように、

強い意志と信念で取り組んでいってください。

 

 

ちなみに相手が怒ったり、不機嫌になったからといって、

謝ったり、態度を変えてしまうと、

せっかく取れてきたポジションも、

一気に取り返されてしまいます。

 

 

だからそこは注意して、

自分の軸をぶらさずに、

発言、行動していってください。

 

3.line(ライン)の頻度を保ちつつ仲良くなる(友達の延長)

片思いからポジション取りでline(ライン)の頻度を保ちつつ、

今度はline(ライン)の話題や内容を工夫して、

相手とどんどん仲良くなっていく事を心がけてください。

 

 

ポジション取りがうまくいくと、

相手女性の態度が一気に変わるのが、

驚くようにわかるので、楽しくなってきます。

 

ここまでくるには経験と失敗を積まないと、

すぐには出来ないかもしれないし、

もしかすると、案外すぐに出来るかもしれません。

 

 

ただとにかくポジション取りはかなり有効になりますし、

それだけで好意を持ってもらう事も可能になります。

 

 

たとえるなら、

のび太がかなりトレーニングを積んで、

のび太の事を舐めきっているジャイアンをボコボコにやっつけたら、

ジャイアンがやけにのび太に優しくなって、

のび太に遊ぼう遊ぼうと気を使うようになる、

のび太の事が好きになる、

というような感覚です。

 

わかりにくかったらごめんなさい笑

 

まぁなんにせよポジション取りがいかに有効なのか、

という事です。

 

そして、その状態で、

のび太がジャイアンとの会話の中で、

かなり楽しい会話や、ジャイアンに興味を持って、

ジャイアンのカラオケについて質問したり、

どんな歌が一番好きなのか、

いつからその歌が好きなのか、

どうやってその歌ができたのか、

 

などと、ジャイアンが好きな話題の話を、

質問で掘り下げて、

いいリアクションで興味あるように振る舞えば、

ジャイアンはのび太の事が好きになってきたり、

心を開いて、今まで誰にも言ったことのない話を

したりしてきます。

 

そうなるとどんどん二人は仲良くなれます。

 

このように、

ポジション取りができたら、

ポジションをキープしながら、

質問をしたりして、

相手の興味のある話や話題を見つけて、

掘り下げて、リアクションしてあげる事で、

どんどん二人の仲もよくなってきます。

 

そこで電話なども入れれるなら、

電話で更に仲良くなっていけます。

 

そのようにして、

どんどん仲良くなっていくのが理想と言えます。

 

4. 片思いを脱する為にデートに誘う(更なる関係へ)

1~3までがうまく行けば、

ほとんど心配する事はありませんが、

やはり更に関係を発展させない事には、

いつまでも片思い止まりとなっていきます

 

だから、line(ライン)の頻度も考えて、

ポジションをキープしながら、

今度はデートに誘うというわけです

 

 

ここでどういう風にデートに誘うのかと言えば、

3.の段階で、相手の興味のある話や話題を掘り下げたと思いますが、

その中で、相手が好きな食べ物や映画、趣味などの話題も出して、

相手が見たい映画や食べたいもの、最近ハマっているものを探って、

 

それをネタにして、

デートに誘うというわけです。

 

 

ただデートと言っているだけで、

要は二人で出かけるということです。

 

デートの定義とかは関係なく、

僕の中では二人で約束をして出かけるのをデートとします。

 

 

なので、

相手がまだあなたの事が好きじゃない、

でもポジションは取れている、

そんな状態なら、

相手があなたと出かけるメリットを提示してあげます。

 

相手がパスタにはまっているなら、

「めちゃ美味しいパスタの店見つけてんけど、

今度行ってみいひん?」

などと誘うという事です。

 

それが映画なら、

「A子が見たいって言ってた◯◯の映画のチケットもらってんけど、

一緒に行かへん?あーでもいきない映画はないか笑」

 

などと送って、

「さすがに映画はちょっとw」

「えー行きたいーw」

というような返事を狙って、

 

さすがに映画はちょっと、

に関しては、

「そやんな、まずは昼飯ぐらい?

いや朝飯?w」

 

などのline(ライン)でデートに連れ出します。

 

朝食でもランチでも、

一度行ってしまえば、

案外その延長で映画に行けるかもしれないし、

ご飯だけで終わっても、

「今度は映画でも行く?」

などと聞いておいて、

約束をしておけば次回に行く事も可能ですし、

 

その流れで

あなた「じゃあ映画いつ行く?」

女「んーいつ行こう?」

あなた「今からは何するん?」

ここで相手の反応を見る。

女「特に予定ないけどー」

あなた「じゃあ今から行ってまう?

映画の上映期間終わってもたらもったいないし」

女「まぁいっか、うんいこ」

 

という風に、一度は、

今度は映画でも行く?

と聞いておいて、

行くかどうかの反応を見て、

行く気があるなら、そのまま今日の予定を確認して、

今からの予定を聞かれた時点で相手はうすうす感づくから、

その反応で今日は予定がない、となれば、

少し強引に誘ってそのまま映画に行く。

 

というパターンもあります。

 

とにかく、

デートに行くのことがポイントで、

デートに行く事によって、

line(ライン)だけでは不可能な、

関係を深くしていく、という事が可能に

なります。

 

そして、一回で焦らずに、

相手の反応を見ながら、

行けそうなら行く、

無理そうなら無理に誘わず、

次回誘う、というような感じで進めていけば、

デートまでは簡単にいけるようになると思います。

 

長くなりましたが、

是非うまくやってみてください。

 

僕の記事は全部僕が実践済みの

体験に基づいて、

心理学も恋愛も勉強しての記事ですので、

その通りにやって頂ければ、

大なり小なり効果は出ると思いますので、

愚直に実践して頂ければと思います。

 

最後までお付き合い頂き、

ありがとうございました。

こんにちは。

 

僕のまわりの女性のほとんどが、

いや、僕が知る限り、

全ての女性が

“line(ライン)での告白がありえない”

と言っています。

 

その理由はなんだと思いますか?

 

line(ライン)での告白がありえない理由

line(ライン)での告白がありえない理由1. 話しにくい

初めて出会った時に、

相手女性に、この人は話やすい人だな、

と思われた方が、お互い話し易くなるし、

早く仲良くなれるのはわかると思います。

 

じゃあどうすれば、

この人は話し易い人、

と思われるでしょうか?

 

それは、

思った事を何でも口にする人、

と思われる事です。

 

思った事を何でも口にする、

というのは、

 

寒っ、

この店雰囲気いいよな、

腹減ったー、

 

など、なんでもいいけど、

そういう事を何も気にせず言える人に対して、

この人は何でも思った事を言う=話し易い

となります。

 

じゃあ一緒にいる時に、

一々、言いたい事や思った事を、

目の前からline(ライン)で言ってきたとしたら、

相手はどう思うでしょうか?

 

多分、この人言いたい事を直接言えないのかな?

思っている事をスマホを通さないと言えない人なのかな?

 

というふうに思われると思います。

したがって、話しにくい人という印象を

受けます。

 

まぁそもそも一々、line(ライン)で言ってくる事はないので、

この場合だと、

思った事があっても、言葉に出さない、

何も言わない、という風になってしまいます。

 

じゃあ、

思った事を何も言わない=話しにくい

となるわけです。

 

じゃあもし好きだった相手が、

line(ライン)で告白してきたら?

 

多分、この人は思った事を直接言えない人、

と思われます。

 

すると、印象的に、

思った事を言わない人=話しにくい人

となるわけです。

 

もちろんそれ以外にもよくない印象を受ける

はずですが、

とにかく今回の章では、

話しにくい、という事にになります。

 

つまり、

女性からしてみれば、

line(ライン)で告白されると話しにくい

=line(ライン)での告白はありえない

の理由1にあてはまってしまう、

ということになります。

 

次ページへ

ページ: 1 2

こんにちは。

 

line(ライン)やメールで告白するのって

ありだと思いますか?

 

僕が小学生や中学生の頃は、

line(ライン)というものは存在せずに、

メールもありませんでした。笑

 

ただ、その変わりに靴箱にラブレターを入れたり、

と、直接対面で告白、じゃない告白方法はありました。

 

で、今はというと、スマホが当たり前で、

学生から老人までスマホを使っている時代です。

 

SNSというものが存在し出して、

メールよりももっと気軽にメッセージを交換する機能を

備えたアプリも多くなり、

主流なものでline(ライン)があるかと思います。

 

で、このline(ライン)やメールで告白をする男性が

最近多いと思います。

 

正月のあけおめメールという言葉があるぐらい、

なんでもかんでもメールやline(ライン)で、

という事になってきていると思う。

 

では、告白までメールやline(ライン)でするとどうなるのか?

 

まずメールやline(ライン)で告白は、

ありかなしか?

で言うと、

年齢によって、“あり”とも、“なし”とも、

言えると思います。

 

年齢別line(ライン)とメールの告白ありなし。

 

小、中学生のline(ライン)やメールの告白はあり

小、中学生の場合は、

ほとんど恋愛経験が少ないのと、

大人の恋愛と比べて、

若干軽い(気持ちではなく雰囲気)感じがする。

 

実際僕も中学生の頃に付き合った女性の事を

本気で好きだと思っていたけど、

高校生になってから、初めて、

本当に好きな女性に出会った。

 

それまでは気付かなかったからそんなもんだと思う。

 

中学生はともかく、小学生なら、

本当に好きな感覚がどんなものかがわからない方が

一般的なはずだから、

好きと思って付き合ってみても、

実際しばらく経つと、

またすぐに違う異性を好きになったりして、

すぐに別れる、

なんて事はよくあると思う。

 

僕も小学生の頃は好きな女の子がころころ

変わっていった。笑

 

そんなつもりはなかったけど、

なぜかちょっと仲良くなると、

すぐに良く見えてくるものなのかも。笑

 

とにかく僕が思うのは、

小学生も中学生もとにかく色んな経験をした方がいい、

ということ。

 

告白なんて、

大人でもなければ、

そんなまともな事は言えないと思う。

 

「ずっと好きでした!付き合ってください!」

 

とかがありがちだと思う。

 

小学生中学生なら、

特に興味本位で付き合ってみたい気持ちがあるので、

お互い、手っ取り早くと言ったらおかしいかもしれないけど、

line(ライン)やメールで告白する方が簡単だと思うなら、

とにかく告白してみるのもいいと思う。

 

ただし、告白する時の成功率を高めたいなら、

一方的な片思いで、

あまり仲良くなかったり、

話した事もないような相手に告白するのはやめておいた

方がいいと思う。

 

そしてそれが噂になったりする事もよくあるからだ。

 

小、中学生なら、結構仲良くなっただけで、

好きになったりしやすいから、

告白する前に仲良くなってから告白する方が成功率は高くなる。

 

勿論、お互い気になっていた、

っていうパターンもあるから、

特に会話をしていなかったとしても、

成功する事もある。

 

それに関しては、

普段の相手の反応を見てみたり、

少し話しかけてみた時の反応を見てみたりするのも

いいと思う。

 

次ページへ

ページ: 1 2 3 4

こんにちは。

 

片思いの女子に対して、普通なら毎日line(ライン)を

送ってしまうかもしれませんが、

それをやめておいた方がいい理由があります。

片思い女子に毎日line(ライン)を送らない方がいい理由

 

その理由は本当に単純なもの。

 

この単純なレベルの理由が理解できれば、

あなたの恋愛は大きく進歩します。

 

片思いの状態で、

そもそも毎日line(ライン)を送ると、

どうなるのか?

 

と言うと、

だいたいの場合は、

好意がバレて引かれたり、

嫌われたり、うざがられたりします。

 

嫌われる事はまずやめて、

それから好かれる事をやっていく。

 

順番的に言えば、

これが一番最適な順番と言えます。

 

どれだけ好かれる事をしても、

嫌われる事をしてしまえば、

全て水の泡になるから、、、

1/好きにさせるには会うのが一番早い

ではまず理解したいのが、

line(ライン)で片思い女子の気持ちを

なんとかしようとしない方がいい、

ということ。

 

line(ライン)で女子を口説いたり、惚れさすのは、

基本的には無理だと思っておいた方がいい。

 

なぜかというと、

line(ライン)では、文字だけのやり取りになるし、

文字だけだとやっぱり、対面で会う時や電話で話す時のように、

感情を表現する事が出来ないから。

 

line(ライン)でちょっと感情を表現するだけでも、

文字数も増えるし、その分めんどくさくなるし、

そもそも伝わりにくいし、

という感じになります。

 

だから、line(ライン)だけで片思いの相手を惚れさすのはキツイ

という事になる。

 

line(ライン)は基本的には、対面で会った時や、

電話をした時の、サブ的な役割にする方がいい。

 

僕がline(ライン)でするのは、

勿論普通のメッセージのやり取りもするけど、

返事を返さなかったり、

遅れて返事を送ることも多々ある。

 

基本的片思いの女子相手には、

会った時にしていた話の続きや、

会った時にしていた話で盛り上がった事、

聞きたい事があった時や、

次回会う予定を決める時。

 

それぐらいです。

 

とにかくline(ライン)を送る事によって、

うざいとか、めんどくさいと思われたら、

せっかく頑張って送っても元も子もないですからね。

 

では実際片思いの女子と二人で会ったり、

複数で会ったりするためには、

どうすればいいのか?

では、どうすれば、あなたと外で会ってくれるのか?

続きは次ページで

おすすめ教科書~僕が女性を口説くために唯一参考にした教科書トップ3はここ

ページ: 1 2 3 4

こんにちは。

 

今回は嫌われる男がやりがちなline(ライン)、

というか、

これをやるから嫌われるのか、

はさておき、

とにかく、女性が嫌がるline(ライン)にまつわる事の9選

を紹介していこうと思います。

 

嫌われる男?これをするから嫌われる?line(ライン)9選

嫌われる男のline(ライン)その 1,トプ画

line(ライン)のトップ画像設定してますか?

今すぐやめてください。

 

っていうのは冗談ですが、

line(ライン)のトプ画で、

女性からの印象がおもいっきり変わるって知ってます?

 

これで特にヤバいのが、

地鶏、、、じゃなくて自撮り画像を載せてる人。

 

あなたは大丈夫ですか?

確かに自撮りでめちゃくちゃよく撮れたってのも

あるかもしれません。

 

ただ、実際会った時に、現実とはかけ離れた写メを

トプ画にしていると、会った時の相手の反応が・・・

 

とまぁ、初対面だったらこんな事態になるかもしれませんが、

そうじゃないなら関係ないやろ。

 

と言いたい気持ちは置いといて、

この自撮り、自撮り=ナルシスト=キモい

とちょっと過剰な表現をしましたが、

要はこんな感じなんです。

 

まぁそんな理由は置いておいても、

女性が嫌うのが、

この自撮り。

 

女性は自撮りしまっくてもいいけど、

男性はダメ。

 

ということ。

人生不平等な事もあるということです。(笑)

 

ちなみに、トプ画についてもっと詳しく知りたい、

トプ画だけでもいい印象をもらうにはどうすればいいか、

が気になるあなたは、

【line(ライン)でモテるトプ画!】その裏にある9割の男が知らない真実。

も読んでみる事をおすすめします。

嫌われる男のline(ライン)その 2,タイムライン

タイムラインでよくあるのが、

つまらない事を書いている人。

 

つまらない事って具体的になんやねん。

ってことなんですが、

具体的に言うと、

 

ネガティブ発言、

女々しい発言、

 

という事になる。

 

ネガティブ発言がどんなのかというと、

「はー仕事マジ疲れる」とか「人生疲れたー」

のように、

しんどい、疲れた、はー、あー、助けてー、

のような種類の発言の事です。

 

あなたもこんな間違いおかしてないですか?

 

もしもおかしているなら、

今がチャンス。

 

今すぐに、そしてこれからは、

ネガティブ発言は控えましょう。

 

女々しい発言も基本的には同じ内容になります。

 

仕事が疲れたとか、悩んでいるとか、人生疲れたとか、

女が言いそうな発言のことを指します。

 

次ページではその3、から紹介していきます。

ページ: 1 2 3

こんにちは。

Line(ライン)の返信が今までは普通だったのに、

いきなり遅くなった。

 

そんな場合には必ず理由があるもの。

 

今回はその理由について紹介して行こうと思う。

Line(ライン)の返信が遅くなった理由

Line(ライン)の返信が遅くなった理由1. 相手の警戒心に触れた

そもそも返信が遅くなったというぐらいだから、

知り合ってまだそんなに間がない頃だと思う。

 

そんな時に女性の心理では、

まずあなたに対して警戒している事が多い。

 

女性と男性というわけだから、

やはり、下心、その他色々、

男性に対してはやっぱり警戒してしまう事が多いと思う。

 

そんな状況の時に、相手の警戒心に触れるような事を

してしまっては、

ああやっぱりこいつは・・・思った通りだった・・・

 

というように女性に思われてしまう。

 

その瞬間、こいつは危ない、

と勝手に判断されてしまい、

結果返信が来なくなる事がある。

 

基本的に女性と出会いたての頃は、

確実に警戒されていると言ってもいいぐらい、

ほとんど警戒されているので、

出来るだけ、相手に下心がない、

と思われるように、

相手に対して好意はない、

と思われるようにしておいた方がいいと思う。

 

相手が少しずつあなたに対して心を許してくれば、

それに合わせてあなたも少しずつ思いを表に出していっても

いいと言える。

 

ただし、全てはテストを繰り返しながら、

相手が心を許している場合のみ、

先に進んでいい、

という感じでやっていく方がいい。

 

【好きな人からline(ライン)既読無視(スルー)された】その原因と対策と意識する事を公開!

この記事も合わせて参考にしてみてください。

Line(ライン)の返信が遅くなった理由2. 単純にめんどくさい

この場合は、あなたに対して好意がないから、

単純にめんどくさい、ということ。

 

好きでもない相手とLine(ライン)をするのは、

本当にめんどくさいと言える。

 

つまり、Line(ライン)をするなら出来る限り、

必要最低限のLine(ライン)にとどめておく必要がある。

 

Line(ライン)というのは、

あくまでも補助的な役割であって、

女性を口説くためのものではない。

 

という事を頭に入れておいた方がいいかもしれない。

 

例えばデートの約束をした時、

そんな時にLine(ライン)をしたり、

何か聞きたい事がある時、

そんな時にLine(ライン)をしたり、

といった具合で、

なにか目的がある時に、

Line(ライン)を使うようにした方がいい。

 

そうすれば、相手の女性もめんどくさいと思う事も

ないはずだし、

無駄に嫌われる事もなくなる。

 

嫌われさえすれば、

めんどくさいと思われなけれさえすれば、

相手を口説くチャンスはこれからいくらでもある。

次ページではLine(ライン)の返信が遅くなった理由・・・

ページ: 1 2