こんにちは。

 

こんなタイトルの記事を書きながら、

僕はline(ライン)のトップの一言を何も書いていません。笑

 

って言っても以前は書いていたけど、

書かなくても困る事はないし、

これと言って一言を書く理由もなくなったので、

やめました。笑

 

あなたはline(ライン)の一言、書いていますか?

 

実はline(ライン)のトップの一言を

書く事によるメリットデメリットが存在します。

僕にも経験あるんですが、

実は男が気付かないうちに、

line(ライン)のトップの一言、

 

その一言の内容次第で、

女にモテる事も、

逆にモテない事もあります。

 

だから今回は、

モテる男が自然とやっていたり、考えている、

line(ライン)の一言の目的や、

逆に書かない方がいい内容、

その他事例などを紹介していこうと思います。

モテる男のline(ライン)トップの一言〜1のポイント〜

モテる男が考えるline(ライン)トップの一言の目的

そもそもline(ライン)の一言の目的はなんだと思いますか?

なんのために一言書くのか?

 

もちろんただ単なるメッセージのやり取りをするline(ライン)、

としての目的ではなく、

 

モテる為であったり、モテる男が考える事

出会いや恋愛を潤滑にする為のline(ライン)の一言の目的です。

モテる男はline(ライン)の一言で話題を作り、作らせる

モテる男はline(ライン)の一言を、話題作りの材料に使います。

 

ただ今回の場合厳密に言えば作る、というよりは、

作らせる、という方が正しいです。

 

作る、というのは、

相手女性のline(ライン)の一言を見て、

その一言に対して話題を作って、

相手との話のネタにします。

 

逆に、作られるというのは、

あなたのline(ライン)の一言を見た女性が、

簡単に話題を作れたり、疑問に思ったりした事を質問してくる、

そんな状態です。

 

要はあなたのline(ライン)の一言を見た女性が

簡単に話題を作れたり、

気になってその事について聞いてくる、

という状態を、line(ライン)の一言で作り出す、

という考えです。

 

ちなみに、この考えから言えば、

line(ライン)の一言でモテようと思わないのが、

注意点です。

 

あくまでもline(ライン)の一言をキッカケにしたり、

その一言に対して気になったりするから会話が生まれる

そんな意図があります。

 

すなわち、後述しますが、

ナルシスト自慢系の一言はやめておいた方がいい、

と言えます。

 

確かにそれで会話が生まれる場合もありますが、

基本的に人は自慢されるのを好みません

 

さらに、ナルシストはもっと好かれません。

 

だから、line(ライン)の一言を駆使してモテる為には、

相手の女性から見て、

マイナスの印象がない、不満がない、

そんな一言を書いていく必要があります。

モテる男のline(ライン)トップの一言〜2のポイント〜

モテる男はやらないline(ライン)一言のタブー

ではここでモテる男はやらない、

そしてモテない男はやってしまいがちな、

そんなline(ライン)の一言のタブーについて紹介していきます。

 

ネガティブな一言

ネガティブな一言というのは、

例えば、

  • 仕事大変やー
  • 疲れた
  • ストレス溜まる
  • 毎日毎日なにしてんねんやろー
  • 人生楽しくない
  • お金ほしいー
  • 彼女ほしいー

 

などの、日常生活で不満に思ってる事や、

自分の欲しい未来理想を書く事です。

 

誰もあなたの愚痴を聞きたいとは思っていないし、

その一言を見た女性があなたに好意を感じるはずがありません。

 

更に未来に不安があったり、理想があって、

それを欲している事を表現するのは、

現状に不満があると公言しているようなもの。

 

そんな一言を見て、

「この人とは関わりたくない」と思われる

事はあっても、

 

「うわーこの人かっこいいー」

なんて事には天と地がひっくり返ってもなりえません。

 

それぐらいネガティブな発言は人にとって嬉しいものでも

ないし、喜ばしいものでもないわけです。

 

自慢と思われる一言

例えば、

  • こんだけ稼いだ
  • 高級料理店に行ってきた
  • 今月の目標はウン百万
  • 新車のレクサス購入
  • いよいよレクサス納車

 

など、相手の女性から見て自慢に思える事は、

気のいいものではない。

 

しかも、自慢と思っているのは案外自分だけで、

それを見ている人は価値観が違うから、

羨ましいとも思っていなかったりする。

 

ただ、自慢している嫌なやつ

思われる事の方が多い。

 

もちろん本当に羨ましいと思って妬まれる事も

あるけど、

根本的に、人間としてしょうもない男だと

判断されてしまいかねない。

 

どうしても自慢がしたい場合は、

自らアピールせずに、勝手にバレるぐらいにしておいた方がいい。

 

ただし、自慢しないにこした事はない

 

本当に自慢出来る事なら、

いずれ周りの人はわかってくれるから。

 

ナルシストな一言(バカっぽい一言)

  • パチンコで何万円勝った
  • パチンコに10万円使った
  • 飲み屋で何万円使った
  • みんなにおごり過ぎてやばい
  • またオービスに撮られた
  • 信号無視した
  • だれだれと喧嘩してやった
  • だれだれに告られた
  • また付き合った
  • 元カノにより戻そうって言われた

 

このような一言を書く事によって、

低レベルの男と判断されるし、

確実に付き合うかどうかの判断をした時に、

好きになっていい男性かそうでないかの判断をした時に、

一次敗退となってしまう。

 

とにかく、マイナスのイメージや要素は極力出さずに、

プラスのイメージを出す方がいいと思います。

 

でもプラスのイメージを自らアピールするのとは違うので、

そこは間違えないように注意してください。

 

とにかく、以上で指摘したような、

マイナスの印象を持たれてしまうline(ライン)の一言は、

必ず書かないようにしましょう。

モテる男のline(ライン)トップの一言〜3のポイント〜

話題になりやすいline(ライン)一言の事例

ではここからは、

あなたが女性にモテる為、話題に困らない為に必要な、

実際に僕が使ったり、

友人が使っていて話題作りにうまくいったline(ライン)の一言の事例を

紹介していきたいと思います。

 

ちなみにline(ライン)のひとこと機能には文字数があって、

その文字数は20文字までです。

 

だから20文字以内で出来るだけ

女性が反応しそうな短い文章を考えて、

line(ライン)の一言に載せると反応がよくなります。

 

新情報系

その時期限定、期間限定、新商品

あまり知られていない、

そんな商品や食べ物、キャラクター、

新商品、店など、

その他なんでもいいから、

そういうものを使ってline(ライン)の一言を書きます。

 

相手の女性が思わずツッコミたくなるような内容や、

え?マジ?なんで?

と気になるような一言をline(ライン)のトップに書くのがいいです。

 

  • 期間限定◯◯スゲー味!!
  • あの店行ってきたけど、、
  • この夏限定お化け屋敷の中身えぐい
  • ◯◯ってこんな味やった?

趣味系

趣味も同じく、

相手女性が思わず反応してしまうものや、

そんな趣味持ってたの?

と思う内容。

 

もしくは狙っている女性の趣味と同じ趣味を

さりげなくアピール、なんて手もあります。

 

  • ゴルフってこんなに面白かった
  • こんな登山してる自分に疑問
  • 食べ歩きで3キロ増量また減量して食べ歩き
  • 最近泳ぎ過ぎ

 

など、とにかく、女性ウケしそうな趣味を考えて、

それをline(ライン)の一言に載せましょう。

 

登山は若干どうなん?って思うんですけど、

実際それで話題になっていたんで一応載せました。笑

 

女性が好きそうな趣味気になる内容

という感じにしましょう。

 

仕事系

仕事に関してもほとんど同じです。

 

自慢にならずに、相手が気になり

話題になればオッケーです。

 

  • 本日も9時から営業中
  • なんで◯◯がこんなに売れるん
  • 明日は13時から

 

など、ここのポイントは、

なんのお店?と気になったり、

どんな仕事してるんですか?

聞いてきたりと様々ですが、

基本的に会話には繋がります。

モテる男のline(ライン)トップの一言〜4のポイント〜

モテるline(ライン)一言まとめ

モテる男がやっているline(ライン)の一言には、

ほとんど共通点があります。

 

基本的にはタブーにあてはまるような内容の一言は避けているのと、

 

相手が反応したくなる一言がある事、

そしてそこから会話に繋がると、広げ易い内容であるのも

一つの特徴でもあります。

 

狙っている女性の趣味に合うような内容の

一言も効果的です。

 

もちろんこのline(ライン)の一言ですが、

モテる男だからと言って確実に皆が使っているかと言えば

そうでもありません。

 

line(ライン)の一言は使えば使わないよりは若い印象を受けます。

 

もちろん若くなくてもline(ライン)の一言は使いますが、

使う内容によっても印象は変わるし、

line(ライン)の一言を使うことによって、

少しチャラそうなイメージを持たれる場合もあります。

 

line(ライン)の一言に関しては、

なにをアピールしたいかで、

使うか使わないかも変わってきます。

 

男らしいチャラくない

をアピールする場合、

下手にline(ライン)のひとこと機能を使うより、

案外使わない方がよかったりもします。

 

そして女性の中でも色んなタイプがいるので、

あなたの狙った女性が反応する一言もあれば、

反応しない一言も存在するし、

 

line(ライン)のひとこと機能を使った方が反応する女性も、

使わない方がいいっていう女性もいます。

 

こればかりはやってみないとわからないし、

ただ、話題を作ろうと思えば、

line(ライン)の一言は書いている方がいいでしょう。

 

そこから話題が生まれる事によって、

一気に会話が広がる可能性もあるし、

お互いの共通の趣味や、共有できる気持ちのある会話が

出来るだけで、あなたに親近感を持ってくれたり、

警戒心をなくしたり、安心感を持ってくれたりします。

 

なんでもそうですが、

line(ライン)のひとこと機能も、

使い方次第で生きてきたり

逆効果だったりします。

 

ある程度の基本を抑えながら、

あとは相手女性の好みや、

万人ウケしそうな感じなど、

意識してやってみるといいと思います。

 

今回も最後までお付き合い頂き、

ありがとうございます。

 

では、また!

女性心理を知るには女性ライター執筆記事で
URL:https://lovestrategy0011.com/female-psychology-1018

モテる為のline特集はここ
URL:https://lovestrategy0011.com/category/moteline

モテたいならこの教材

男ならモテたいと思うは自然な事です。
line(ライン)を駆使し、モテるテクニックを付けてください。
これらの教材で勉強して、モテる男になってください。

おすすめ教科書~僕が女性を口説くために参考にした教材のトップ3
URL:https://lovestrategy0011.com/top3