片思いの女子に毎日line(ライン)を送らない方がいい6つの理由

3ページ目・片思いの女子に毎日line(ライン)しない方がいい理由

4/片思い相手に好意を出さないで会う為には友達に近い関係が理想

では実際どんな距離を保てば良いのか、

どんな感じで接するのが理想的か、

 

それは、友達に近い関係です。

 

友達とはどんなものか?

 

  • 気を使わない
  • 連絡をマメにしない
  • 結構適当

とこんな感じです。

 

連絡、line(ライン)、会話、

それらを友達にするのと同じように、

片思いの相手にもするのが理想ということです。

 

たとえば、

あなた「こないだめっちゃいいって言ってた映画のタイトル

なんやった?」

女子「◯◯だよー」

あなた「サンキュー」

 

これで終わり。

こんな感じです。

 

えっ!それはまずいやろ!?

ってもし少しでも思ったなら、

その考えがまずいんです。

 

そもそも友達に気を使ったりはしないし、

あなたがもしも、それはまずい!

って思ったなら、女子に対して気を使っている、

という事です。

 

友達に普通は気を使わないし、

もし気を使っているなら、

それは友達としてぎこちなさすぎで、

壁があるようにも思えます。

 

要は、

女子に気を使う事で、

壁を作っているのと同じだということ。

 

壁を作っていて、

それで二人で会おうと思っても、

それは無理な話だし、

 

二人で会ってから壁を取り壊して行けばいい、

なんて思っているなら大間違いです。

 

壁なんてものは、出会って3分で取り壊すものです。

 

出会って3分でタメ語になる男と、

出会って3ヶ月敬語のままの男と、

どっちが女子が気を使わずに仲良く出来ると

思いますか?

 

最終的にどっちも壁がなくなったとして、

どっちと付き合うと思いますか?

 

早く壁を取り壊すメリットは、

早く仲良くなるだけではなく、

女子からこの人は、男らしいし、話し易い気さくな人だな、

と好印象を与えることができるんです。

 

もしも3ヶ月気を使う男なら、

3ヶ月後壁を取り壊せても、

話し易い気さくな人とは思われないし、

男らしいとも思われないし、

好印象を受ける事もありません。

 

たった友達のように接するかどうかの違いだけで、

こんなにも違いが生まれてきます。

 

善は急げとはこの事で、

どうせ後から壁を壊したり、

タメ語になったり、

なれなれしく話すなら、

初めからやっておいた方が絶対にいい、

という事。

 

じゃあ気を使わずに毎日line(ライン)をしよう!

そんな事をもし思ったなら要注意です。

5/友達に毎日line(ライン)をするのはおかしいし気持ち悪い

友達に毎日意味も無くline(ライン)はしないし、

わざわざ話題を作ってline(ライン)をする事もありません。

 

片思いの相手が違和感を感じる事はしない方がいいし、

逆にこの人は勝手だな、

と思われるぐらいが丁度いいわけです。

 

そうすることでポジション取りが自然と出来てくるように

なります。

 

ポジション取りとは、

相手よりも上のポジションを取って、

この人頼もしい、と思わせたり、

男らしい、彼氏にしてもいいタイプ、

と思わせるためにする事です。

 

例えば出会って早速壁を壊しにかかるのも、

ポジション取りになるし、

連絡を適当にしたり、自分勝手にするのも、

ポジション取りになる。

 

このポジション取りは、

女を惚れさすには、重要な要素になってくるので、

一応今回の内容とは少し違うけど、

頭に入れておいても損はしません。

最後のまとめと、オススメ参考記事は次ページへ

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す