こんにちは。

 

まずはじめに・・・

今回の記事では、

同じ会社の女の子と、職場の女の子と、

line交換をしたい・・・

って思っているけど、

 

どうすればいいかわからない・・・

 

という方の為に、

その解決策をご紹介します。

 

 

どのように安全パイを取りながら

関係を深めていくのか

 

最終的にどうやって、

lineを交換するのか?

 

lineを交換したい、から、

付き合いたい、と基準を上げてしまうくらい、

lineを確実に交換できるように

6つのステップに沿って、紹介していきます。

 

 

それでは、はじめます・・・

 

あなたが、まだ話した事すらない、

同じ会社の女の子と、

line交換したいとします。

 

その時に理解しておいてほしいのは、

lineを交換したいと思う前に、相手の立場で考える

相手があなたとlineを交換する意味があるのか、

あなたとlineを交換するメリットはあるのか、

あなたとlineを交換したいと思っているのか、

あなたとlineを交換する必要性があるか・・・

 

ということです。

 

lineを交換したいのはわかるが、作戦はあるのか?

そして、lineを交換したい、と思っている、

という事は、少なからず、

その女の子に好意を抱いているか、

気になっているはずだと思います。

 

 

なら、lineを交換してその後どうする

つもりですか?

 

 

lineを交換した後の策があるなら、

それはいいんですが、

 

もしも、ない場合は、

これからお話しする事を、

よく、頭に入れておかないと、

 

lineの交換どころか

相手の女の子と二度と会話すら

出来なくなるかもしれません。

 

ですから、読み飛ばさずに、

よく、頭に入れるようにしてください。

 

lineを交換したいと思う前に、lineの役割を認識する

そもそも、

ゼロの状態からlineだけで、仲良くなる事はない

 

完全にないわけではないが、

全く仲良くもない状態から、仲良くなろうと思えば、

相当相手の心理を読んで、

テクニックを駆使した、

lineをしなければいけなくなります。

 

 

そして、相当うまいlineが出来る男なら、

lineだけで攻めるのが、

どれだけ非効率的なのかを、

よくわかっていると思います。

 

 

大抵の場合は、そんなうまいlineが、

出来るはずもなく、

 

lineを交換したとしても

折角交換したline idを

無駄に消滅させてしまう場合がほとんどです。

 

 

つまりlineというのは

相手を惚れさすために

メインの武器になるものではない

ということになります。

 

lineはあくまでも、

サブ的な役割で、使っていくものです。

 

 

0から仲良くなるために、

lineを使うのではなく、

 

3まで関係が出来ている、

そんな時にlineを使うことで、

 

4、5、6、と関係のレベルを上げれる、

ということになります

 

lineを補助的に使っても、爆発的に使えるのはlineではない。

更に言うと、もっとレベルを上げていくのは、

結局のところ、

 

lineをしながら電話もしたり、

直接会ったりして、

 

そこで初めて相手からの好意を獲得して、

関係のレベルが上がる、というイメージです。

 

同僚とlineを交換したい、と思った時に実際どうすればいいか?

まずはこの画像を見てください。

順に説明していきます。

 

次のページでは、

画像の6ステップを一つずつ、

分けて紹介していきます。

ページ: 1 2 3 4

こんにちは。

 

まずはじめに・・・

今回の記事では、

コンビニに限らず、あらゆる店員さんと、

lineのidを交換したいと思っているとき、

 

わざわざメモに書いたlineのidを、

一か八かに賭けて、渡してみよう

 

といった危ない橋を渡るよりも、

もっと効率よく、もっと確率も高く、

 

lineのidを交換したり、

lineのidを渡しても、受け取ってもらえて、

連絡をしてもらえる。

 

そんな方法について、

紹介していきたいと思います。

 

 

それでは、はじめます・・・

 

 

友人、知人を含め、幅広い方に、

恋愛のアドバイスを求められ、

教えているのですが、

 

今回はその中の一人の方の体験談

もとに、お話していきます。

 

 

コンビニ店員との出会い・・・

その男性は、仮名:池永さん、

という方で、

性格は奥手な方で、恋愛の経験もあまり

ない方でした。

 

その池永さんは、

毎日通っているコンビニに、

新しく入ってきた店員さんに一目惚れ

してしまいました。

 

そして、話しかけることもなく、

ただ毎日眺めるだけでした。

 

そうこうしていると、

たまに目が合う事もあり、

なんとなく目が合う回数も増えた気がして、

結構いい感じなんじゃないか?

と思うようになりました。

 

 

line(ライン)idの交換・・・ではなく、メモ書きを渡す決心

そこで、おもいきって、その店員さんに、

自分のline(ライン)のidを渡そうと思い、

メモにline(ライン)のidを書いて

コンビニに向かいました

 

店につくと、

運良く客の姿はなく

その店員さんは、

棚の整理をしていました。

 

 

これはチャンス、と思い、

その店員さんに向かって

ツカツカ歩み寄りました。

 

 

line(ライン)idのメモ書きを渡す前の心の声・・・

ただ・・・

もしこれで嫌われたりでもしたら・・・

もう二度とこのコンビニには・・・

そしてこの店員さんにも・・・

 

ツカツカ歩きながら、そんな想像が脳裏によぎり、

店員さんの目の前で

lineのidを渡すのを思い留まりました。

 

 

ですが、

店員さんの目の前まで行ってしまったので、

lineのidを書いたメモを渡す変わりに、

 

思わず・・・

 

こんにちは、今日はお店、暇ですね・・・」

と、とっさに話しました

 

 

すると、その店員さんが、

明るい笑顔で、少し照れながら、

 

「そうなんです、暇なので棚の整理しか、

やることなくて〜(笑)」

 

と、返答してくれました。

 

line(ライン)idのメモ書きを渡さなかった事で、以外な方向性に・・・

lineのidを渡さずに、とっさに出た一言が、

コンビニ店員との運命を変えました。

 

 

それからは、一度会話を交わすと、

次にコンビニに行った時も、

店員さんとは話しやすくなっていました

 

一度話したことで店員さんも話しやすく

なったようでした。

 

 

それから何度かコンビニに行くうちに、

店が暇な時は会話もよくするようになり

徐徐に打ち解けて、仲良くなっていきました。

 

 

コンビニで何度か交わす会話の中で、

店員さんの家が、実は池永さんの家と

“すぐ近く”だった事がわかり、

話は更に盛り上がり、関係も良くなりました。

 

次のページでは、

想像にはなかった、lineのidの交換・・・

について紹介していきます。

ページ: 1 2