合コンで連絡先交換後のLine(ライン)、メールのやりとり、内容、話題に困る理由

合コンで連絡先交換後Line(ライン)、メールのやりとりや内容、話題について・・・【4ページ目】

合コン中の印象で合コン後の返信があるかないかが決まる

・Line(ライン)、メールで返信が来る為のうまいやり方を考えるのは時間の無駄だと思う方がいい

Line(ライン)、メールのテクニックを使っても、

合コン中に良い印象を与えていなかったら、

連絡先を交換していても、

実際連絡をしても返信はない方が多い。

 

でも今回説明したように、

合コン中に早く壁を取っ払って、

次回の約束をした上で、Line(ライン)、メールなどを交換していれば、

連絡を取るのが容易になるし、

その上で、Line(ライン)、メールのテクニックを使えば、

効果的になる。

 

だから、そもそものフィールド、基礎が大事、

ということ。

 

関係性は、対面で会っている時に、作っていく必要がある。

 

・一応差別化するために、他の男が送りそうな気を使ったLine(ライン)、メールは送らない

他の男と差別化をする必要は大いにある。

 

他の男と差別化をしなくても、

すぐに変化はないかもしれないけど、

いざ彼氏にしよう、とか、

好きになるかどうか、となってくれば、

 

確実に差別化を図っている男が勝利する。

 

その他多勢と同じ男に対してそもそも魅力を

感じる事はない、と思っておいた方がいい。

 

どんな事であっても、その他多勢と一緒になるぐらいなら、

ドSであれ、自己中であれ、冷酷であれ、

その他多勢とは違う男の方が確実に魅力的だと言うこと。

 

実際に今まで見た中で、

優しい男性よりも、冷たい男性の方が、

女性からモテてるし、

気を使う男性よりも、自己中な男性の方が、

女性からモテてた。

 

性格がいいのは、優しい男性や、気を使ってくれる男性、

だと思うけど、

実際は性格がどうのこうのではなく、

女性がなんか好きかも、

と思うかどうか。

 

この人なんか他の人と違う、

と思った時点で、

女性からすれば、

その他多勢、からは一つランクが上がって、

あなたしか見えなくなる。

 

その他多勢のフォルダに入ってしまえば、

その多勢に埋もれてしまって、

あなたの存在すらなくなるけど、

 

その他多勢のフォルダから抜け出せさえすれば、

まず目立ってしまう。

 

そして、この人他の人となんか違う、

と思われて、

それが魅力的に感じてしまう。

 

こんな性格悪いのに、

なんで好きになってんやろ、

と愚痴っている女性を僕は何人も見た事がある。

 

でも嫌いになられへんねん。

と嘆いている。

それだけ好きということ。

 

性格は関係あるようで、

なかったりもする。

 

それよりも、

差別化できている男性が少なすぎて、

ちょっと差別化するだけで、

簡単に目立つ事が出来てしまう。

 

これが、時代が変わって、

差別化しようと企む男性ばかりになってしまうと、

また別の方法を考える必要が出てくるかもしれないけど、

そんな事は多分ないと思う。

 

ちなみに、昔は整骨院が全然なくて、

整骨院を出すだけで、

年収5千万とか行ってたらしい。

 

でも今は、整骨院が儲かると思って、

かなり競合が増えたせいで、

全然儲からなくなった、というより、

経営するのが難しくなったらしい。

 

それに例えると、

今は整骨院が少ない時代と同じ、

という事。

 

あなたのように差別化するやつが他にいない、

と思ったほうがいい。

 

だから、今のうちにあなたは差別化するべき、

という事言いたいわけです。

 

 

・がっつかないで、友達に連絡するのと同じようにする

差別化にも繋がるかもしれないし、

警戒心を解くのにも繋がるかもしれないけど、

とにかく、がっついてはいけない、ということ。

 

せっかく連絡先を交換したのに、

がっついてしまっては、

お前が好きだー!早く会ってくれー!

とせがんでるのと同じ事。

 

だから、せっかく交換した連絡先は大事にしてほしい。

大事にする、という事は、

適当にする、という事です。

 

わけわからん事言っている、

と思うかもしれないけど、

相手との関係を大事にするには、

相手に固執しない、執着しない、

媚びない、好意を示さない、

という事。

 

とにかく、会ってからも肝心だけど、

会うまでも、

キモいと思われたり、

重いと思われたり、

好意がバレたりしないように、

注意する必要があります。

 

あとは、会う約束をして、

実際にもう一度会う、

というのを繰り返していけば、

いい結果に結びつくと思います。

 

最後までお付き合い頂き、

ありがとうございます。

 

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す