【告白する時はline(ライン)よりも電話!!】4つの理由

こんにちは。

 

男性が女性に告白する時に、

最近流行の(最近でもないか笑)line(ライン)を使って

告白する人が増えているらしい。

 

でも実際の所、

告白するならline(ライン)と電話だとどっちがいいのか?

 

答えは電話です。

 

告白するなら“line(ライン)よりも電話”の理由

告白するなら“line(ライン)より電話”の理由1. まわりくどい

電話で告白せずに、line(ライン)で告白する、

というのは、正直まわりくどい、

というイメージをもたれます。

 

実際、電話で告白した方が、

伝えたい事を細かく伝えれるし、

ハッキリしていていいと思う。

 

それをline(ライン)にすることで、

まわりくどいという印象を女性に与えてしまいがち。

 

それよりは、電話でハッキリ言いたい事を言う、

その方がまわりくどくなくて、

相手からの印象も良くなるとと思います。

 

告白するなら“line(ライン)より電話”の理由2. 女々しい

電話で告白するとなると、

やっぱりline(ライン)で告白するよりも緊張すると思います。

 

そして女性からすれば、

それぐらいはわかります。

 

そこでline(ライン)で告白してしまうと、

この人は、緊張に負けて、

line(ライン)で告白という楽な方に逃げたな、

と思われるわけです。

 

私への気持ちはそんなもんなの?

line(ライン)ではいいことばっかり言っているくせに!

 

と思われてもおかしくない、

ということです。

 

つまり、電話で告白する男性に比べて、

line(ライン)で告白する男性の方が女々しい、

と言えるわけです。

 

そんな女々しい男性と、

恥ずかしながらもハッキリ自分の気持ちを言う男性、

あなたが女性だとしたらどちらを選びますか?

 

それが答えというわけです。

 

告白して女々しいと思われるよりも、

やっぱり、line(ライン)じゃなく電話で告白するほうがいい。

と言えます。

 

告白するなら“line(ライン)より電話”の理由3. 頼りない

女々しい男性=頼りない

という事になります。

 

頼りない男性と付き合って、

もし何かのトラブルに巻き込まれたら、

女性はどうなるでしょうか?

 

女性はリスクを取りたくないし、

リスクを取る役目はいつも男性です。

 

そこで頼りがいのある男性をアピールしておかないと、

本当は告白していて成功する関係だったとしても、

よく考えたあげく、やっぱりやめとく、

という結果になりうるというわけです。

 

そうなるぐらいなら、line(ライン)で告白するよりも、

電話で告白するべき、ということです。

 

実際にリスキーな事があるなしは、

関係なく、

もしも、のところまで女性は考えます。

 

だから、

あなたが女性なら、と、

相手の気持ちになって考えてみる事が重要で、

どうすればいいかの答え探しにもなってきます。

 

line(ライン)ではなく、電話で告白するようにして、

頼りがいのある男と思わせるようにしましょう。

 

電話での告白にも差がつく

同じ電話の告白でも、

おどおど話すのと、ハッキリ話すのとでは、

それも頼りがいに違いが出てくるし、

 

どうしても付き合ってほしい、と懇願したり、

付き合ってから俺の事を判断してくれてもいいからとにかく

付き合ってほしい、とお願いするよりも、

 

もし俺の事好きじゃないならハッキリ言ってくれていい、

ただ、もし俺と同じ気持ちなら付き合ってほしい、

という腹をくくって告白するのとでは、

やっぱり頼りがいのある男、ない男、

と差がつきます。

 

その辺も踏まえて、

腹をくくって告白するのは効果的です。

 

次ページへ

PAGE 1 PAGE 2

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す