こんにちは。

 

片思いの女子に対して、普通なら毎日line(ライン)を

送ってしまうかもしれませんが、

それをやめておいた方がいい理由があります。

片思い女子に毎日line(ライン)を送らない方がいい理由

 

その理由は本当に単純なもの。

 

この単純なレベルの理由が理解できれば、

あなたの恋愛は大きく進歩します。

 

片思いの状態で、

そもそも毎日line(ライン)を送ると、

どうなるのか?

 

と言うと、

だいたいの場合は、

好意がバレて引かれたり、

嫌われたり、うざがられたりします。

 

嫌われる事はまずやめて、

それから好かれる事をやっていく。

 

順番的に言えば、

これが一番最適な順番と言えます。

 

どれだけ好かれる事をしても、

嫌われる事をしてしまえば、

全て水の泡になるから、、、

1/好きにさせるには会うのが一番早い

ではまず理解したいのが、

line(ライン)で片思い女子の気持ちを

なんとかしようとしない方がいい、

ということ。

 

line(ライン)で女子を口説いたり、惚れさすのは、

基本的には無理だと思っておいた方がいい。

 

なぜかというと、

line(ライン)では、文字だけのやり取りになるし、

文字だけだとやっぱり、対面で会う時や電話で話す時のように、

感情を表現する事が出来ないから。

 

line(ライン)でちょっと感情を表現するだけでも、

文字数も増えるし、その分めんどくさくなるし、

そもそも伝わりにくいし、

という感じになります。

 

だから、line(ライン)だけで片思いの相手を惚れさすのはキツイ

という事になる。

 

line(ライン)は基本的には、対面で会った時や、

電話をした時の、サブ的な役割にする方がいい。

 

僕がline(ライン)でするのは、

勿論普通のメッセージのやり取りもするけど、

返事を返さなかったり、

遅れて返事を送ることも多々ある。

 

基本的片思いの女子相手には、

会った時にしていた話の続きや、

会った時にしていた話で盛り上がった事、

聞きたい事があった時や、

次回会う予定を決める時。

 

それぐらいです。

 

とにかくline(ライン)を送る事によって、

うざいとか、めんどくさいと思われたら、

せっかく頑張って送っても元も子もないですからね。

 

では実際片思いの女子と二人で会ったり、

複数で会ったりするためには、

どうすればいいのか?

では、どうすれば、あなたと外で会ってくれるのか?

続きは次ページで

おすすめ教科書~僕が女性を口説くために唯一参考にした教科書トップ3はここ

ページ: 1 2 3 4