世の中にはモテる人とモテない人との違いがありますよね。

あきらかにモテるだろうという人もいれば、何でこの人はモテるんだろうと思う人もいます。

反対に、あきらかにモテないだろうという人と、なんでこの人モテないんだろうという人もいます。

何が違うかわかればあなたもモテるようになるのかもしれません!!

外見はそれなりにわかると思いますが、中身ですよね・・・

モテる為に検証してみました!!

「モテる人とモテない人との違いはいったい何だ!?」の続きを読む…

こんにちは。
まずはじめに・・・
気になる女性とlineをしてるけど、

嫌われずに好かれるlineが出来るようになりたい!

 

でもlineをしていると、

好かれるどころか、逆に返信が来なくなったり、

嫌われてしまう。

 

こんな悩みがあるなら、

安心してほしい。

 

 

今回の記事では、

モテない男がついついやりがちな、

女に嫌われるline(ライン)の特徴14選、

 

について詳しく紹介していきます。

 

好かれることよりも前に、

嫌われる事をしないだけで、

好かれる確率はグンとアップします。

 

それでは、はじめます。

–スポンサードリンク–

line(ライン)と実際に会った時とのテンションの違い

ここではギャップについて。

 

ギャップには、

“良いギャップ”“悪いギャップ”

があります。

 

良いギャップの例としては、

普段恐そうな人が、実は優しい一面もあった。

普段冷たそうな人が、実は話すとオモシロい人だった。

 

悪いギャップの例としては、

写メではめちゃイケメンな人が、

実際会ってみたらめちゃ普通の人だった。

 

普段面白いと噂の人が、実は全然オモシロくなかった。

 

 

このように良いギャップ悪いギャップをそれぞれ、

分かり易くすると、

 

良いギャップは、

悪い(マイナス)イメージから良い(プラス)イメージ

 

悪いギャップは、

良い(プラス)イメージから悪い(マイナス)イメージ

 

という事がわかります。

 

じゃあこれがlineにどう関係してくるのか?

と言えば、

lineでも悪いギャップを感じさせてしまえば、

嫌われてしまう。

ということです。

 

今回のlineで言う悪いギャップとは、

 

良いイメージから

lineではめちゃくちゃテンション高い、

面白い事を言う、自分を良く見せる。

悪いイメージになる

実際会ったら、口数が少ない、

緊張してあまり話さない、

面白くない、思っていた良い男とは

かけ離れた男だった

 

という事になります。

 

 

こんなギャップを見せると、

誰だって会ったらテンション下がるし、

早く帰りたい、と思ってしまうでしょう。

 

 

ここでの解決策は

lineでは無理をしない、

実際会った時に無理をする。

 

というスタンスを取りましょう。

 

実際会った時も無理はしなくてもいいけど、

やはり、会った女性をどうにかしたいい、

という気持ちがあるなら、少なからず努力はしましょう。笑

 

lineでは、相手に期待をさせない方が、

いいです。

 

例えば写メを交換するにしても、

送ってと頼まれて送るにしても、

出来るだけ実物と変わりないものや、

少し実物よりも写真写りの悪いものがいいでしょう。

 

良い意味で、相手の期待を裏切るように、

心がけましょう。

次ページでは相手の私生活の時間に・・・

ページ: 1 2 3 4 5 6

こんにちは。

はじめに・・・

今回の記事では、

イケメンなのにモテない男の原因を紹介して、

めちゃ簡単でラクちんな1日3分トレーニングを紹介します。

 

このトレーニングをすれば、モテない男もイケメンも

モテる男になります。

 

記事を読むのが面倒くさい!

そんなあなたは、

下記の動画をご覧ください。↓

動画時間は約8分です。↓

 

 

それでは、はじめます。

 

通称”イケメン”な男

想像してみてください。

 

15歳から女遊びにハマって22歳の大学卒業まで

ずーっと遊びほうけていた男がいました。

 

 

男の名前はタクヤです。

 

タクヤの顔は整っている方で、

みんなからはよくジャニーズ系と言われていました。

 

通称”イケメン”と呼ばれるやつです。

実際に顔だけで十分に女遊びができていました。

 

 

大学卒業後タクヤは、ある企業に就職をしました。

 

就職後は忙しく、昼は仕事、夜は接待、

そんな生活が続き遊ぶ元気もありませんでした。

 

 

タクヤは7年間もの間、ろくに遊ぶ事もせずに、

必死で仕事に励みました。

 

 

そして、7年間の努力の甲斐もあり、

ある程度の自由な時間と、

人並みよりは経済的な自由を手にいれました。

 

 

ただ、自由な時間とお金があっても、

遊ぶ相手がいなければ、

仕事をするしかありません。

 

 

そうなると、タクヤは感情を抑えきれずに、

久しぶりに女の子と遊びたくなり、

彼女もほしくなりました。

 

大学時代が恋しくなった”イケメン”

それからは、知人の合コンに顔を出すようになり、

自由な時間はほとんど合コンに費やすようになりました。

 

ただ、昔の勘を取り戻せないのか、

時代のせいなのか、

彼女どころか、遊べるに至る女の子もいませんでした。

 

たまに女の子と二人でご飯に行っても、

会話も弾まず、それっきりでした。

 

もちろん顔が悪くなったわけでもありません・・・

 

”イケメン”なのになぜかモテない男

そんなある日、

タクヤを可愛がってくれている上司に誘われ、

食事に行き、その後久しぶりにキャバクラに行くこと

になりました。

 

このキャバクラでいい女を捕まえよう、

と息巻いていましたが、

結局キャバクラでもうまくいかずに、

連絡先すらも交換することは出来ませんでした。

 

 

上司はというと、

ちゃっかり連絡先を交換していて、

デートの約束までしていました。

 

 

上司の事を悪く言うわけではありませんが、

確実にタクヤよりも顔だけで言えば、

格下で、

 

ジャニーズ系とはほど遠い、

少し肥えた普通のサラリーマン、

って感じの顔面です。

 

でも先輩は結構な割合でキャバクラの

お姉ちゃんと、

プライベートでデートに行ったり、

食事に行ったりしています。

 

 

タクヤは今まで人にこんな事を聞いたことは

なかったが、

気になって聞いてみた。

 

なんで先輩はそんなにモテるんですか?

テクニックとかなにかあるんですか?

 

すると、想像もしなかった言葉が返ってきました。

 

次のページでは、

想像もしなかった言葉の正体が、

明らかになります。

ページ: 1 2 3 4