こんにちは。
まずはじめに・・・
気になる女性とlineをしてるけど、

嫌われずに好かれるlineが出来るようになりたい!

 

でもlineをしていると、

好かれるどころか、逆に返信が来なくなったり、

嫌われてしまう。

 

こんな悩みがあるなら、

安心してほしい。

 

 

今回の記事では、

モテない男がついついやりがちな、

女に嫌われるline(ライン)の特徴14選、

 

について詳しく紹介していきます。

 

好かれることよりも前に、

嫌われる事をしないだけで、

好かれる確率はグンとアップします。

 

それでは、はじめます。

–スポンサードリンク–

line(ライン)と実際に会った時とのテンションの違い

ここではギャップについて。

 

ギャップには、

“良いギャップ”“悪いギャップ”

があります。

 

良いギャップの例としては、

普段恐そうな人が、実は優しい一面もあった。

普段冷たそうな人が、実は話すとオモシロい人だった。

 

悪いギャップの例としては、

写メではめちゃイケメンな人が、

実際会ってみたらめちゃ普通の人だった。

 

普段面白いと噂の人が、実は全然オモシロくなかった。

 

 

このように良いギャップ悪いギャップをそれぞれ、

分かり易くすると、

 

良いギャップは、

悪い(マイナス)イメージから良い(プラス)イメージ

 

悪いギャップは、

良い(プラス)イメージから悪い(マイナス)イメージ

 

という事がわかります。

 

じゃあこれがlineにどう関係してくるのか?

と言えば、

lineでも悪いギャップを感じさせてしまえば、

嫌われてしまう。

ということです。

 

今回のlineで言う悪いギャップとは、

 

良いイメージから

lineではめちゃくちゃテンション高い、

面白い事を言う、自分を良く見せる。

悪いイメージになる

実際会ったら、口数が少ない、

緊張してあまり話さない、

面白くない、思っていた良い男とは

かけ離れた男だった

 

という事になります。

 

 

こんなギャップを見せると、

誰だって会ったらテンション下がるし、

早く帰りたい、と思ってしまうでしょう。

 

 

ここでの解決策は

lineでは無理をしない、

実際会った時に無理をする。

 

というスタンスを取りましょう。

 

実際会った時も無理はしなくてもいいけど、

やはり、会った女性をどうにかしたいい、

という気持ちがあるなら、少なからず努力はしましょう。笑

 

lineでは、相手に期待をさせない方が、

いいです。

 

例えば写メを交換するにしても、

送ってと頼まれて送るにしても、

出来るだけ実物と変わりないものや、

少し実物よりも写真写りの悪いものがいいでしょう。

 

良い意味で、相手の期待を裏切るように、

心がけましょう。

次ページでは相手の私生活の時間に・・・

ページ: 1 2 3 4 5 6

季節的にクリスマス前になってきました。

 

そろそろ彼女がいないことが気になってくる時期だと

思います。

 

ただこんな時に焦って彼女を作ろうと

必死になるのは得策ではありません。

 

もてない男にはもてないなりの理由

あるものです。

 

もちろんそうではない場合もありますが、

モテたいのにモテない

それには理由があります。

 

ではその理由とは?

もてない男には特徴がある。

 

もてない男には理由があった、その真実、、、

 

もてない男の大きな4つの特徴は、

  • 優しい
  • 気を使う
  • 女の言う事を聞く
  • 立場が女より下

これがどういうことなのか、

僕の過去の経験をもとに話していきます。

 

僕がまだまともな恋愛を経験したことが

なく、

初めてまともに好きになった女の子と、

十代ということもあり、

運良くトントン拍子で、

付き合えることになりました。

 

恋愛の経験もなく、

女に対してどう接すればいいのかが

わからなかった僕は、

とにかく優しくしよう、と

決めました。

 

続きは次ページへ

ページ: 1 2 3 4