モテる男の9割がやっているモテるline(ライン)テクニック

3ページ目・・・

モテる男は“line(ライン)で質問+盛り上がる話を掘り下げる”テクニックを使う

次のテクニックで言いたいのが、

line(ライン)をする時は

自分の話ばかりするんじゃなく、

相手の話を聞き出すのが大事になってくる。

ということだ。

 

もちろんline(ライン)に限らず、

電話でも会って話す時もだ。

 

 

ここでリサーチをしておく必要がある。

 

 

相手が好きな食べ物

過去の彼氏はどんな男だったのか。

 

過去の彼氏のどんなところに惹かれて

どんなところが嫌だったのか。

 

好きなお酒はなにか。

 

探せばキリがないが、

人というのは自分の話をするのは、

楽しくてしょうがない

 

 

警戒されてる段階では、

あまり深い質問は出来ないが、

そうでなければどんな質問も、

大抵は問題ない。

 

 

警戒心の段階に付いては、

別の複数の記事でも紹介しているので、

今回はここまでにしておく。

 

 

そして、色んな質問の中で、

相手がテンションが上がり出したり、

もっと聞いて欲しいと言わんばかりの

反応をする時がある。

 

 

その反応をすれば、

そこが会話を掘り下げ、

横に広げるポイントである。

 

 

相手がつまらないと思うような会話を掘り下げても、

相手はうざがるだけだが、

 

相手がもっと話たいと思っている話に、

深く質問をしたり、横に広げていけば、

相手は気持ち良く話し出すし

あなたの事を聞き上手の男と認定する。

 

そうなれば、

相手はあなたとのline(ライン)のやり取りが、

楽しいものに感じてくる。

モテる男のテクニックでは、line(ライン)ゲームを利用する

line(ライン)のゲームを利用するテクニックも、

一つの会話の切り口になる。

 

もちろん、リサーチした結果

相手がline(ライン)ゲームをやっていれば

の話だが。

 

 

相手がハマっているline(ライン)ゲームがあるなら、

そのゲームをすぐさまあなたもやればいい。

 

 

そして、得点の話をする事も出来るし、

ゲームを話題にメッセージを送る事も、

プレゼントのやり取りをする事も、

 

全てがコミュニケーションを取る、

キッカケになる。

 

 

ただ、何度も言うが、

相手がハマっている場合の話という事を、

頭に入れておいて欲しい。

 

 

そして、ゲームにハマり過ぎて、

逆にキモいと思われるような事には、

ならないように注意して欲しい。(笑)

 

次のページでは、

モテる男のline(ライン)テクニック〜関係を深める〜

の内容を紹介してきます。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4 PAGE 5 PAGE 6

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す