6ページ目

・用事がある時以外にline(ライン)はしない

先程のline(ライン)を控えると似ていますが、

必要以上にline(ライン)をする必要はありません。

 

 

そもそもの目的が、

好きな人から既読無視(スルー)をされないだけでいい、

そう思うなら、

既読無視をされない程度でline(ライン)をするのもいいかも

しれませんが、

 

そうではなく、

好きな人の恋愛対象に入りたい、

そう思う場合は、

 

相手に追いかけさせる必要があります。

 

 

追いかけられる要素を出すためには、

やはり、必要以上にline(ライン)をしないで、

女に媚びていない、

女に対して好意はない、

私に好意ないの?

 

という風に見られるべきです。

 

だから、line(ライン)は必要以上にせずに、

会う約束だけするとか、

聞きたい事だけ聞くとか、

その程度にする必要があります。

・その他大勢の男と差別化を図る

これについても、

line(ライン)の量圧倒的に抑えることと、

相手女性に追いかけさせる要素を出す必要があります。

 

 

態度もそっけなくしたりしながら、

相手女性よりも上のポジションを取るイメージを

抱くのがいいかと思います。

 

 

大げさに言えば、

相手女性が自分に気を使ってくるぐらいの

態度でもいいかもしれません。

 

そして、会う約束が出来れば、

後は会った時の会話次第です。

 

 

とにかく、他の男と違う、

と思わせる為には、

他の男がしない事をするだけの事なんです。

 

 

そんな事したら嫌われる、

と思うかもしれませんが、

 

なにも相手を怒らす事をしている訳じゃないんで、

全く問題ありません。

 

 

そして、逆にこっちが気を使ったり、

ひつこくline(ライン)を送ったりしたりする方が、

相手に嫌われる可能性が高いんです。

 

3, 好きな人とline(ライン)をする上で意識する事

最後に好きな人とline(ライン)をする上で意識しておいた

方がいい事がありますので、

そちらを話していきます。

 

・line(ライン)を頑張ろうとしない

line(ライン)を頑張るという事は、

好きな人に、

「君が好きだから君に気を使ってるよ」

とばらしてるようなもの。

 

 

だから頑張ってline(ライン)をする必要はなく、

そもそも控えめでいいという訳です。

 

 

勿論、line(ライン)だけではなく、

基本的に、女性に対しては頑張らない方がいい。

 

 

正確には気を使ったり、

こっちが追いかけてる要素があったりは

しないで、

逆に絶対好きだと思われないぐらいがいいんです。

 

 

それが好きな人なら尚更、

モノにしたいなら尚更です。

 

 

女は追いかけたい生き物だからで、

追われるのは嫌いだから。

次ページへ